能登の鍛冶屋「ふくべ鍛冶」 明治41年創業・金物鍛造販売 〒927-0432 石川県鳳珠郡能登町 字宇出津新23番地 TEL / FAX: 0768-62-0785 e-mail:fukubekaji@yahoo.co.jp

金沢近江町市場 島田水産

包丁研ぎのふくべ鍛冶 カキ貝開けを使って下さっている近江町市場の鮮魚店・島田水産

男らしい魚屋の一員として活躍する
細く強いカキ貝開け。

包丁研ぎのふくべ鍛冶 島田水産代表取締役の山岸さん 北陸新幹線開業に沸く金沢近江町市場に島田水産はある。「男らしい魚屋」を掲げ、新鮮な海鮮と一際威勢の良い掛け声が印象的なお店だ。

代表取締役の山岸弘氏に、ふくべ鍛冶の「カキ貝開け」について、プロの視点からお話を伺った。

ふくべ鍛冶との出会いは今から10年ほど前。「店で使ってる水は能登町の海洋深層水。当時やり取りをしていた能登町役場の方から、使ってみないかと紹介されたのがふくべ鍛冶さんの貝開けでした。」

包丁研ぎのふくべ鍛冶ふくべ鍛冶 カキ貝開けの使用場面 「使い慣れたものが一番だと思っていたのですが、試しに使ってみたら使いやすかった。」
島田水産さんで扱うカキは岩牡蠣と養殖の真牡蠣の2種類。それぞれに違いがあると言う。「養殖の真牡蠣は殻が柔らかい。岩牡蠣は硬いし殻が複雑な形状で閉じている、開けるのに力がいる。他の貝開けだと下手に力を入れるとポキンと折れることもあった。ふくべ鍛冶さんの貝開けはしなる、つまり折れないんですよ。うちの店ではたくさんの数のカキを開けますが、折れたことはないですね。」

包丁研ぎのふくべ鍛冶 島田水産の店先にはたくさんのカキ貝が並ぶ 他にも利点がある。「一番の利点は、先が細く薄いこと。他の貝開けはもっと太く先が丸い、それに厚みもありますね。先が細く薄いので、どんなカキでも刃を入れやすい。もう一つの利点はバランスが良い。支点がしっかり定まるので、開ける際にぐっと力を入れやすい。折れない安心感もあり、とても信頼できる道具ですね。」ふくべ鍛冶の貝開けと出会ってから10年、ずっと使い続けて頂いている。「前は太さや厚みの違う貝開けを使い分けたりしていましたが、今はこれがあればOKですよ。」

包丁研ぎのふくべ鍛冶 島田水産のモットー 最後に島田水産さんが掲げる「男らしい魚屋」についてお話を聞いてみた。
「本物を出したい、ごまかさない、という想いを表現しようと考えた時に思い浮かんだのが、男らしい、という表現でした。もちろん、スタッフには女性もいますよ(笑い)。男気ですよね。男気を持ってしっかり仕事をさせてもらっています。」

カキはもちろん、カニやのどぐろなど、北陸の新鮮な水産物を扱う島田水産さん。金沢近江町市場の店舗の他にも、ネットショップでも商品を購入できます。本物を追求する島田水産さんの男気溢れる海の幸をぜひ味わってみてください。

金沢近江町市場 島田水産
〒920−0905
石川県金沢市上近江町35(市場内)
TEL: 076-262-9620 / FAX: 076-262-2877 / フリーダイヤル: 0120-62-9620
URL: http://www.shimasuisan.jp


 

包丁研ぎのふくべ鍛冶 万能オイスターナイフ! 丈夫で長持ち 【カキ開け】

万能オイスターナイフ! 丈夫で長持ち 【カキ開け】

</div

お問い合せは下記まで

ふくべ鍛冶
〒927-0432
石川県鳳珠郡能登町字宇出津新23番地
(駐車場1台)
TEL / FAX : 0768-62-0785
e-mail : fukubekaji@yahoo.co.jp
お問合せフォーム

修理・メンテナンスのご案内

ふくべ流「包丁の研ぎ方」

移動販売車のご案内

イチ押し商品 【サザエ開け】

Facebook

Instagram


ふくべ鍛冶

〒927-0432
石川県鳳珠郡能登町字宇出津新23番地
TEL / FAX : 0768-62-0785
e-mail : fukubekaji@yahoo.co.jp

Copyright 2017 ふくべ鍛冶