能登の鍛冶屋「ふくべ鍛冶」 明治41年創業・金物鍛造販売 〒927-0432 石川県鳳珠郡能登町 字宇出津新23番地 TEL / FAX: 0768-62-0785 e-mail:fukubekaji@yahoo.co.jp

あなたをお刺身名人にする包丁! 【柳刃包丁210mm】

包丁研ぎのふくべ鍛冶 あなたをお刺身名人にする包丁! 【柳刃包丁210mm】

あなたをお刺身名人にする包丁! 【柳刃包丁210mm】

切れ味抜群! 断面の美しいお刺身をつくるなら柳刃包丁におまかせ!

柳刃包丁は、お刺身をつくることに特化した「刺身包丁」の一種です。刃の根元から先端に向かって細長くなった柳の葉のような形状をしていることから、その名がつきました。なんといってもその魅力は「切れ味」。鋭い切れ味によって、魚の旨味を逃がすことなく刺身をつくることができます。他の種類の包丁と比較しても、切り身の美しさは格別です。
「刺身包丁は板前さんが使うもの」、「素人には扱いが難しそう…」というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、ふくべ鍛冶の柳刃包丁210mmはご家庭の台所でも使いやすいサイズで、男女を問わず初心者にもオススメの一本です。
この包丁があれば、普段食べているお刺身が1ランク美味しくなるはず! あなたもお刺身名人になってみませんか?
出刃包丁とセットで持たれると、より効果的に魚をさばくことができます。

こんな方にオススメです!

■自分で美味しいお刺身をつくりたい!
■魚さばき用の包丁を出刃包丁しか持っていない!
■和包丁を使って料理をつくってみたい!

包丁研ぎのふくべ鍛冶 あなたをお刺身名人にする包丁! 【柳刃包丁210mm】

あなたをお刺身名人にする包丁! 【柳刃包丁210mm】

左利き用はコチラ↓↓【柳刃包丁210mm】

機能&こだわり

刺身包丁は地域によって呼び名や刃先の形状に違いがあり、柳刃包丁は主に関西方面で普及しました。一方、関東で一般的に用いられたのは「蛸引き包丁」。柳刃包丁と異なり刃先がとがっておらず、先端は四角い形状をしています。東西で異なる形状に発達した刺身包丁ですが、現在では、柳刃包丁のほうが刃先が鋭利で用途が広いことから刺身包丁と言えば柳刃包丁のことを指す場合がほとんどのようです。
柳刃包丁の一番の特徴は、細長い刃の形状です。もちろん、その長さには理由があります。それは、刺身をつくるときには「手前方向に真っすぐ引いて切る」ことが要求されるため。一引きで真っすぐ切ることにより、お刺身の切り口を美しく新鮮に保つことができるのです。
また、刃の素材には切れ味抜群で研ぎやすい「安来鋼白2号」を使用しています。地金部分の鉄には黒い酸化被膜が施してあり、錆にくい特徴があります。

包丁研ぎのふくべ鍛冶 あなたをお刺身名人にする包丁! 【柳刃包丁210mm】

あなたをお刺身名人にする包丁! 【柳刃包丁210mm】

左利き用はコチラ↓↓【柳刃包丁210mm】


■サイズ
全長:340mm
刃長:210mm
刃幅:32mm
厚さ:4mm
■重さ
125g
■素材
刃:鋼(安来鋼白2号)
地金:鉄
柄:木
口金:PC

お問い合せは下記まで

ふくべ鍛冶
〒927-0432
石川県鳳珠郡能登町字宇出津新23番地
(駐車場1台)
TEL / FAX : 0768-62-0785
e-mail : fukubekaji@yahoo.co.jp
お問合せフォーム

修理・メンテナンスのご案内

ふくべ流「包丁の研ぎ方」

移動販売車のご案内

イチ押し商品 【サザエ開け】

Facebook

Instagram


ふくべ鍛冶

〒927-0432
石川県鳳珠郡能登町字宇出津新23番地
TEL / FAX : 0768-62-0785
e-mail : fukubekaji@yahoo.co.jp

Copyright 2017 ふくべ鍛冶