能登の野鍛冶 ふくべ鍛冶

私たちの仕事は
刃物を作ることでは
ありません。

その土地の営みを守り、
皆様の「こまった」を「よかった」に変える。

日々の当たり前の生活にあるものを支え、
大切なパートナーであること、
私たちは野鍛冶という仕事を、
そう考えています。

道具には魂が宿り、
文化を伝える力を持っている。

そう信じ、私たちは皆さまとともに
日本の大切な文化を、
守り、発展させるため、
今日も鉄を叩き、刃を研いでいます。

能登マキリ

Products

商品紹介

Products

ふくべ鍛治が製作する刃物の一覧です。当工房では明治41年の創業以来、能登の人々の生活道具を修理して歩く「野鍛治の行商」で培った技術を活かし、数多くの商品を製作してきました。家庭用の包丁や農具をはじめ、能登マキリやサザエ開けなど、これらの道具は農業と漁業が盛んな能登の暮らしと営みを支える必需品として、今の時代にも受け継がれています。

Maintenance

修理・メンテナンス

Maintenance

初代勇作が馬車に金床を積んで刃物を売り歩いた行商の歴史を受け継ぎ、ふくべ鍛冶ではこれまで移動販売車による修理を行なってきました。現在は、奥能登の各商店と連携し、刃物を近くのお店や施設に預けるだけで修理ができるサービス「かじやの窓口」を提供しています。また、遠方のお客さまはネットで注文できる刃物研ぎサービス「ポチスパ」がご利用いただけます。

新着情報

Topics

コラム

columun