columun

2020.06/27 更新 メディア

20150520_中日新聞_移動鍛冶屋-農漁具に息吹

これからの鍛冶屋は、工場にこもって、ただひたすら金属を叩く仕事をしていてはいけません。現場で何が起こっているこか、使う人は何に困っているのか、まずは知ることから始まると思っています。そして実際に自分で使ってみる。時には田畑を耕し、時には海に潜る。実際に体で感じたものを道具の製作に活かします。